兵法をルールに組み込んだらどうk
というわけで割と根本を改正したんですよ。
そしてカードゲーム自体のタイトルも仮決定ですよ。



E2Drive(仮) 基本ルールver0.2
<>は未定項目

・用語
エーテル…SMGの世界での動力源の物質。永久的にエネルギーを生むが一度に生むことが出来る量は限られる。
ツール…SMGの世界で使われる、簡単に言うとエーテルを利用した道具のこと。基本的に機械。
サーヴァント…使い魔。イメージとしては人工知能のツール。まあモンスターでもなんでもいい。
ツールカード…エーテルを使用して手札から使うカード。カードのテキストでは「カード」とされることが多い。
デッキ…ツールカードを組み合わせた山札。対戦前にはシャッフルしておく。
トラッシュ…捨て札の山。
ドロー…デッキからカードを手札に加えること。
オン…エーテルを消費すること。または使用されている様。
オフ…エーテルを回復すること。または未使用の様。
P…攻撃力や防御力の数値の単位。またはその数値のこと。読み方はポイントかパワー辺り。
ATK…攻撃力のこと。または相手を攻撃すること。
DEF…防御力のこと。または防御すること。
ダメージ…ダメージはデッキの上からカードをトラッシュに捨てる。1ダメージ=1Dと表記される。

・フィールドアイテム
エーテルカウンター*10(カウンターはオセロのコマみたいなものでもまあなんでもいいや)
サーヴァントカード*1
ツールフィールド*4(カードを置く空の場所)
デッキ*40
初期手札*5(最大枚数は7枚)
トラッシュ*1(使用したカードを置く空の場所)
あとコイン*1

・勝敗
デッキからカードが無くなった時点で負け。

・エーテル
カウンター、エーテルカードは1個=1eと表記される。
ツールカード使用時やサーヴァントのATK,DEF時に使用。
使用したらカウンターをオンにする。
要は行動にかかるコスト、エネルギー。

・サーヴァント
サーヴァントカードにはATKとDEFのPにATK,DEF消費エーテル量、そしてタイプ(特殊能力)が設定されている。
基本的にサーヴァントで攻防する。

・サーヴァントのタイプ
サーヴァントにはタイプがあり、主な能力は、
スタンダード…標準的
バスター…攻撃特化
ブロッカー…防御特化
リストレータ…回復特化
スライサー…速度特化
エーテライザ…エーテル特化
ジャンカー…破棄特化
キャリア…手札特化
イレギュラー…どれにも属さないタイプ
となっている。
これらはただの種類分けで、効果が決まってるわけではない。

・ダメージ
ATK-DEF=ダメージ。
ダメージを受けた側が数値分の枚数、デッキの上からカードをトラッシュに捨てる。
合計が0になったらお互い1D。
-1以下になったらATK側にマイナスの数値分ダメージ。

・捨て札
効果の切れたカードはトラッシュに捨てる。
最大枚数を超えた手札は超えた時点でトラッシュに捨てる。その場合捨てるカードは、増えた手札を含めた中から任意。

・使用エーテルの回復(オフ)
自分ターン終了時、その時点でオフに出来ないものや常時使用エーテル以外全てをオフにする。

・ツールカード
ツールカードの種類には、
使い捨て・ツールフィールドに置き続ける・相手ターンでも使用可能
の3種類がある。
使い捨てのカードでも「このターンの間」等効果の期間が決められたものは、効果中ツールフィールドに置き続けなければならない。
ツールフィールドには4枚まで置くことが出来る。置けない場合は使用出来ない。
ツールフィールドに置かれたカードは自由に破棄出来ない。

・サーヴァントの状態
「インビジブル」
この状態の時、常にエーテルを1eオンにする。
サーヴァントのATK,DEFの値が伏せられる(カードを裏返し)。
この状態の時にATK,DEFする場合、消費エーテル量が+1eになる。
自分がATKする場合、始めにコインを振り表ならインビジブル状態を解除してATK、裏ならATKは無効(エーテル消費はない)。
インビジブル状態の相手にATKする場合コインを振り、裏が出たらATKは0Pになる。表ならインビジブル状態は解除され、ダメージ計算をする。

・対戦の流れ
お互いあらかじめ作成したデッキとサーヴァントカードを用意。
サーヴァントカードは対戦開始まで裏返し。
対戦開始(インビジブル以外のサーヴァントを同時に表にする)。
   ↓
お互い手札を5枚ドロー。
   ↓
自分(相手)ターン開始。
   ↓
自分(相手)ドローフェイズ(最初のターンはなし)。
   ↓
自分(相手)メインフェイズ。
   ↓
自分(相手)ターン終了 自分(相手)エーテルオフ。
   ↓
相手(自分)ターン開始。
   ↓
相手(自分)ドローフェイズ。
   ↓
相手(自分)メインフェイズ。
   ↓
相手(自分)ターン終了 相手(自分)エーテルオフ。
   ↓
以下始めに戻る。

ドローフェイズでは手札を1枚ドローする。
メインフェイズでは、
1.手札を使用。
2.サーヴァントでのATK(1体につき1ターン1回まで)。
3.サーヴァントの特殊能力を使用。
4.ツールフィールドにあるカードの使用宣言(ツールフィールドから効果宣言が必要という旨が書かれたカードのみ)。
を任意の順番、任意の回数行動出来る。
全ての行動は宣言をした段階で必要分のエーテルをオンにし、効果が発生。
効果発生後に他の行動の宣言があれば、宣言した順番に解決する。
ターン終了を告げればターン終了。

・ATKとDEF
ATKの宣言があった場合その相手はDEFすることが出来る。
[PR]
by vlfd | 2006-02-23 00:45 | 自作カードゲーム(E2D)
<< 菊田!菊田! いい?この爪は伸ばしてるんじゃ... >>