みんなして集まってわざわざつまらない話をしよう05A
好き勝手。知らない人には真につまらない話。
そして初デュエル小説。
一応わからない人にも、多少なりともわかりやすく書こうとは努力してるつもりだ。たぶん。
あと読みやすさ?読みにくいわボケ。

ちなみにリアルカードはやってないので、ちょっとおかしい部分も?
基本的にダイヤモンドガイひいき。ひいきしすぎ?やっぱロマンだよロマン。

ところで、ブログでこんなにタグ使うもの?




第5回「デュエル」

真坂<まさか>「大体こんなもんかな……」
サク「どおりゃぁぁぁ!」
真坂「何ィィィィ!?」
サク「あたしが一番! みん――」
九子<こここ>「つまで~す」
サク「畜生ぉ……」
来妃<くるひ>「今日も九子のお料――」
サク「また、死にたいか。」
来妃「……ふんふんふーん~♪」
滅也<めつや>「姉様、生きててよかったですね!」
サク「あ、ああ。またあんたの間抜けな顔が見れて嬉しいよ」
滅也「そんな……ありがとうございます!」
サク「……皮肉だよ」

来妃「それで、今日は何すんの?」
九子「えーと、鍵、鍵……」
サク「また鍵に書いてんのか」
真坂「ちょいちょい、君たち。ひとのカードぐちゃぐちゃにしながら、テーブルで会話しないでくれ」
サク「この小さいテーブルに、四人も乗りながら話すのも楽じゃないのよ」
真坂「なら降りてくれ」
サク「わーったよ」
真坂「まともなやつが出てきたと思って、久々にふざけたいのはわかるが」
サク「そ、そんなわけないわよ」
来妃「あんたらの夫婦漫才なんかどうでもいいの」
サク「……ん?
   初登場のやつといきなり夫婦にされてたまるか!」
九子「まさかくん、こんにちわんまんばす~」
来妃「ワンマンバス」
真坂「挨拶になってないぞ」
サク「こいつはこういうやつだから」
九子「まさかくんと、いえば、このカードゲーム」
来妃「こういうやつってどういうやつなのかしらね? ん?」
真坂「ああ、遊戯王な」
サク「聞きたい? ボケもツッコミも半端なやつってことよ」
真坂「せっかくデッキ作ったのにサクの突撃で……」
来妃「そういうあんただって、あたしのボケにまともに突っ込めないじゃない」
九子「あらあら、ふつつか者のさくちゃんに代わって、謝ります」
サク「あんたがいつボケたよ? あ、今のがボケかしら。それは気づかなくて悪かったわ」
真坂「いやいや、そんな腰が折れるまで謝らなくても」
来妃「ボケの区別も出来ないなんて、どんな教育受けたんだか」
九子「いえいえ、マコトに、申し訳ない……」
サク「なんだとぉ!」
真坂「いえいえこちらこそ……」
来妃「何よ!」
サク「こうなったら遊戯王オフィシャルカードゲーム、デュエルモンスターズで勝負よ!」
来妃「受けて立つわ!」
サク/来妃『デュエル!』
真坂「えええええええ!?
   しかもなんでそんなフルネーム臭く呼ぶの!?」
九子「まさかくんも、まさかの展開」
真坂「……うまいこと言った、とか思わないでね」
九子「うん」


 なんとまさかのここまで台詞のみの構成。
 別に僕なんかいなくていいんだ。キャラさえいれば。君さえいれば。
九子「つまり、今回はアドリブで、遊戯王で対戦って、ことなんだね」
真坂「僕、帰っていいですか?」
九子(実況)「だめ」
真坂(解説)「こんないきなり勝手につけられてる肩書きもきっと必要ないさ……。
   元々対戦の予定にも入ってなかったカードゲームキャラなんて……。
   そもそもなんでみんなデッキ持ってるんだろう……」
九子「だめ」
真坂「……たまにひとを信じられません……」

 サクと来妃は向かい合い、デュエルディスクを構えた。
真坂「デュエルディスクまで持ってるなんて……」
サク「喰らうがいい、私の羊羹地獄を!」
来妃「ふん、そんなもの、我が早乙女グランドスラムに平伏すわ!」
九子「あ、私、実況アレルギーだったんだ。めつやくん、どうぞ」
滅也「えっぼぼ僕ですか……今回だけ、ですよ。では……
   両者、早くも切札の宣言か!?」
真坂「いや、そんなカードも言葉もないから」
サク「よし、ここまでやればオーケーね」
真坂「今までのは一体……」

 --------------------

>>サク LP8000
>>来妃 LP8000

来妃「あたしのターン、一枚ドロー」
>>来妃手札6枚
九子「言ったもんが勝ちのように見える、先攻も、ちゃんとデュエルディスクが決めてるんだよねぇ」
真坂「まあ……そうだけどさ」
来妃「レッド・ガジェットを召喚、デッキからイエロー・ガジェットを手札に加える」
>>来妃手札6枚

《レッド・ガジェット》☆4 地属性 機械族 1300/1500
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「イエロー・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

《イエロー・ガジェット》☆4 地属性 機械族 1200/1200
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「グリーン・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

サク「相変わらずつまらないデッキを使ってるわね」
来妃「勝てばいいのよ。カードを一枚伏せ、ターンエンド」
>>来妃手札5枚
滅也「こちらの情報では、来妃さんのデッキは除去ガジェットらしいですね」
真坂「だとするとあの伏せカードは炸裂装甲辺りだろうか」
サク「あんたには負けないわ。ドロー!
   手札からサイクロンを発動、その伏せカードを破壊するわ」
来妃「ちっ」
>>サク手札5枚
>>伏せ(収縮)破壊

《サイクロン》速攻魔法
フィールド上の魔法または罠カード1枚を破壊する。

《収縮》速攻魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択する。
そのモンスターの元々の攻撃力はエンドフェイズまで半分になる。

サク「よし、ダイヤモンドガイを召喚。さらに効果発動。
   デッキの上は――押収。墓地に送る」
>>サク手札4枚
>>押収墓地
来妃「次のターンにノーコストでハンデスか……」
滅也「対するサク姉様のデッキは、ダイヤモンドガイデッキだそうです」
真坂「ダイヤモンドガイで墓地に送った魔法は、コストや発動条件を無視できるという特性を利用したデッキか。この押収でガジェットを捨てれば、来妃のデッキの回転を一時的に止めることになるね」

《D-HERO ダイヤモンドガイ》☆4 闇属性 戦士族 1400/1600
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する時、自分のデッキの一番上のカードを確認する事ができる。
それが通常魔法カードだった場合そのカードを墓地へ送り、次の自分のターンのメインフェイズ時にその通常魔法カードの効果を発動する事ができる。通常魔法カード以外の場合にはデッキの一番下に戻す。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

《押収》通常魔法
1000ライフポイントを払う。
相手の手札を確認し、その中からカードを1枚選択して墓地に捨てる。

サク「ダイヤモンドガイレッド・ガジェットに攻撃!」
来妃「たった100か」
>>ダイヤモンドガイATK1400→レッド・ガジェットATK1300
>>レッド・ガジェット破壊
>>来妃 LP8000-100=7900
サク「一枚セットしてターンエンド」
>>サク手札3枚
滅也「これは、サク姉様の一歩リードでしょうか!」
真坂「これだけじゃ、まだなんとも言えないね」
来妃「ドロー。手札から地砕きを発動」
>>来妃手札5枚
サク「そんなもの食らうかっ、リバースカードオープン、我が身を盾に! ライフを1500払って地砕きを無効よ」
>>サク LP8000-1500=6500
>>地砕き無効
来妃「そこまでしてそいつを守ったところで大して意味はないわ。
   イエロー・ガジェットを召喚、グリーン・ガジェットを手札に加える。ニ枚伏せてエンド」
>>来妃手札3枚

《地砕き》通常魔法
相手フィールド上の守備力が一番高い表側表示モンスター1体を破壊する。

《我が身を盾に》速攻魔法
相手が「フィールド上のモンスターを破壊する効果」を持つカードを発動した時、1500ライフポイントを払う事でその発動を無効にし破壊する。

《グリーン・ガジェット》☆4 地属性 機械族 1400/600
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、デッキから「レッド・ガジェット」1体を手札に加える事ができる。

サク「意味があるか無いかはわからないわよ? ドロー!
   ダイヤモンドガイで墓地に送った、押収の効果を発動。手札を見せなさい」
>>サク手札4枚
>>来妃の手札【グリーン・ガジェット 抹殺の使徒 炸裂装甲
サク「なら、ガジェットを」
来妃「今回はちょっと引きが悪いみたいね」
>>グリーン・ガジェット墓地
>>来妃手札2枚
サク「ダイヤモンドガイの効果発動――よし、鳳凰神の羽根、墓地に送る」
>>鳳凰神の羽根墓地
サク「さらに大嵐発動! 伏せを全部破壊よ」
来妃「なっ!」
滅也「姉様、怒涛の伏せ除去! これは来妃さん、ピンチか!?」
真坂「まあ、この二枚が破壊されたのは痛いねえ」
>>サク手札3枚
>>伏せ(激流葬炸裂装甲)破壊

《鳳凰神の羽根》通常魔法
手札を1枚捨てる。
自分の墓地からカードを1枚選択し、デッキの一番上に戻す。

《大嵐》通常魔法
フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する。

《激流葬》通常罠
モンスターが召喚・反転召喚・特殊召喚された時に発動可能。
フィールド上のモンスターを全て破壊する。

《炸裂装甲》通常罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
その攻撃モンスター1体を破壊する。

来妃「手札に来たからって、こんなに早くサイクロンと大嵐を使っていいのかな」
サク「大丈夫に決まってんでしょ。
   そんでダイヤモンドガイを生け贄に、モンスターゲート発動!」
>>サク手札2枚
>>ダイヤモンドガイ生け贄

《モンスターゲート》通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる。
通常召喚可能なモンスターが出るまで自分のデッキをめくり、そのモンスターを特殊召喚する。
他のめくったカードは全て墓地に送る。

サク「一枚目――死の合唱。二枚目――デステニー・ドロー。三枚目――D-HERO ダッシュガイダッシュガイを特殊召喚!」
>>死の合唱デステニー・ドロー墓地
来妃「上級モンスターを召喚しつつ、墓地に魔法を送る……」
真坂「鳳凰神の羽根で、墓地に送った魔法を戻せば使えるが……肝心なダイヤモンドガイが墓地に行ってしまったね」

《死の合唱》通常魔法
自分フィールド上に「デスガエル」3体が表側表示で存在する時に発動する事ができる。
相手フィールド上に存在する全てのカードを破壊する。

《デステニー・ドロー》通常魔法
手札から「D-HERO」と名のついたカード1枚を捨てる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。

《D-HERO ダッシュガイ》☆6 闇属性 戦士族 2100/1000
自分フィールド上のモンスター1体を生け贄に捧げる事で、このターンのエンドフェイズ時までこのカードの攻撃力は1000ポイントアップする。この効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
このカードが墓地に存在する場合、1度だけドローフェイズ時にドローしたモンスターカードをお互いに確認し特殊召喚する事ができる。

サク「バトルフェイズ、ダッシュガイで攻撃!」
>>ダッシュガイATK2100→イエロー・ガジェットATK1200
>>イエロー・ガジェット破壊
>>来妃 LP7900-900=7000
サク「これであんたのモンスターはいない」
来妃「くっ……正直やばいわね……」
>>ダッシュガイ守備表示
サク「これでターンエンド」
来妃「ていうかなんだか知らないけどあんたのターン長過ぎ」
九子「都合上、だって」
来妃「…………。
   ドロー――はっ、あたしは負けないわ」

 都合により続く。


[PR]
by vlfd | 2007-05-31 00:37 |
<< (´ε`) みんなして集まってわざわざつま... >>